保険治療と自費治療について

歯科治療には、保険診療と自費診療の2種類があります。

保険診療と自費診療の違いについて、詳しくご理解されている方はそう多くありませんので、治療方針を選択する際にどちらを選ぶか戸惑ってしまう方も少なくないかと思います。

1. 保険診療と自費診療の根本的な違い

保険診療と自費診療では、まず、負担する治療費の割合が異なります。

保険診療の場合は、70歳未満の人は3割負担、70~74歳の人は2割負担、75歳以上の人は1割負担となります(*収入によりあてはまらない方もいます)。例えば、3万円の治療費が発生しても、75歳以上の人であれば、3000円のお支払いで済むことになります。

それに対し、自費診療というのは、治療費が全額自己負担となります。いわゆる10割負担です。3万円の治療費の場合、年齢に関わらず、3万円の支払いが生じることになります。これが保険診療と自費診療の根本的な違いです。

2. 治療に使用できる材料に違いがある

2-1. 保険診療で使用できる材料

保険料と自費診療では、治療に使用できる歯科材料が違います。

一般的に虫歯治療では、病変部を歯科用の小さなドリルで削ることで取り除きます。その際、生じた穴を歯科用の材料で埋めるのですが、保険診療では、基本的にレジンという樹脂性のものや、銀歯と呼ばれる特定の合金を使用します。

これらは材料費の原価が安いため、保険が適応されます。しかし、レジンや銀歯というのは原価が安い分、劣化しやすく、見た目も良いとはいえません。質の高い治療を望む方にとっては、これらは大きなデメリットといえます。

2-2. 自診療で費使用できる材料

自費診療では、基本的にどのような歯科材料でも使用可能です。保険診療では奥歯の被せ物を金属で作製しますが、自費診療であれば、ジルコニア(現在、歯科材料のなかで最も硬いセラミック素材)をはじめとする質の高い材料を使用することも可能です。

これらの材料は、見た目が大変よく、レジンよりも丈夫で、劣化しにくく、虫歯になったとしても奥まで進行しない優れた材料ですので、質の高い歯科治療をお望みの方にはお勧めの素材です。

その他、入れ歯を作製するにしても、自費診療でしか使用できない材料などもあり、選択肢は非常に広がると言えるでしょう。

3. 治療法の違い

保険診療と自費診療とでは、受けることができる治療法に違いがあります。

例えば、1本の歯を虫歯なり外傷によって失ってしまった場合、保険診療であれば、ブリッジが適応されることが多くあります。ブリッジは、失った歯の両隣を土台として、人工の歯で隙間を埋める治療法です。

この治療法は、左右の健康な歯を少し削る必要があったり、見た目がそれほど良くないなど、それなりにデメリットがあります。これが自費診療であれば、バネの目立たない入れ歯やインプラントという治療法が選択肢として増えることとなります。
インプラント治療とは、歯を失った箇所に人工の歯根(インプラント)を埋入し、歯を補う治療法です。歯を失う前に限りなく近い状態まで、欠損部を回復させることができるので、近年はインプラント治療を希望される患者様が増えています。そして、ブリッジのように歯を削る必要がないため、残存歯への影響を最小限に抑えることもできるメリットもあります。

4. 保険診療と自費診療の選択において

上記のように、歯科の保険診療と自費診療には、費用の違いだけでなく、治療に使用できる材料の違い、治療法の違いなどが挙げられますので、どちらを選択するかは、患者様ご自身の価値観に委ねられるといえます。

初診の際には、何を優先されたいかご希望をうかがい、治療法をご提案させていただきます。その上で、保険診療が適しているのか、あるいは自費診療が適しているのかの的確なアドバイスをさせていただきます。ご不明なこと、ご不安なことはお気軽にお尋ねください。