審美歯科

審美歯科は、自然でバランスの良い美しい口元を作ることを目的としています。歯を白くしたり、咬合を整えたりすることにより、美しさに加えて、歯の機能性も向上させます。
従来、歯の一部が損なわれてしまったという場合は、金属を詰めたり被せることが主流でしたが、最近では、より自然に近い歯を実現できるセラミック治療(メタルフリー)を選択する患者様が増えています。当院では、セラミックの種類も数種取り揃え、患者様のご希望やご予算に合わせた治療をご提供しております。歯をなるべく削りくないというご要望にも極力おこたえします。

当院で取り扱いの人工歯・審美治療素材

ジルコニア(酸化ジルコニウム)

ジルコニアはジルコニウムの酸化物でセラミックスの中で最も強度や耐熱性が高い素材です。人工ダイヤモンドとも呼ばれ、スペースシャトルの断熱保護剤にも使用されています。重さはメタルセラミックスの約3分の1と軽量です。歯にかかる負担も抑えられます。白さの調整も可能で自然な見た目を実現し、かつ耐久性の高さにも優れています。

e-max

e-maxとは、多様性と柔軟性をあわせて持つセラミック素材です。ガラス系の素材ですが、柔らかすぎず硬すぎないという優れた特性を持っています。ジルコニアとともに、注目されている歯科治療素材です。強い力がかかっても自分の歯を痛めることが少なく、歯の寿命を延ばすことが出来る素材でもあります。400MPaジルコニアより若干リーズナブルです。 

e-max を使用するメリットは白さ・透明感のいずれにおいてもオールセラミックスではもっとも審美性が高い素材である点です。適度な強度があり、噛み合わせなどで他の歯を傷める心配が少ないです。金属使用によるアレルギーや歯肉の黒ずみなどの弊害も少ないです。 

e-max のデメリットは、衝撃に弱いことです。ブリッジには強度面であまりおすすめできません。 

ポーセレンメタルボンド

かぶせる歯の周りに貴金属などでフレームを作り、そこにセラミックを焼き付ける技法で製作するものです。昔から使用されてた実績ある素材なので、どの経過をたどるのか予想が立てやすいです。前歯で適応するには透明感に乏しく、また歯肉退縮時に金属のラインが見えたり透過したりすることもあります。しかし、強度を重視する場合や多数歯にわたるブリッジでは予知性が高いこと、ろう着(金属同士を溶かした金属で着ける)が可能なので適合の修正やコントロールが可能なことから選択されるケースも多いです。また、アジア人特有の歯の解剖学的形態から製作物のスペースが確保できない場合、部位によって選択することがあります。

ハイブリッドセラミックス

ジルコニア、e-max、メタルセラミックなどに比べると審美性が落ちますが、リーズナブルな価格帯なのでお選びになる方も多いです。レジンという歯科治療用の樹脂をセラミックの微粒子で強化したもので、形状や治療法はレジンに極めてよく似ています。ただし前歯にはあまりおすすめしません。また、表面性状の劣化からプラークが付着しやすくなったり変色を引き起こす場合もあります。 

この材質の処置では、お口の中の部位によって保険が適応できるケースもありますのでご相談ください。 

また、症例によっては直接お口の中で処置ができる場合、短期間(即日)で対応できることもあります 。