歯を失ったときの治療

歯を失う原因には、虫歯や歯周病、事故などによる外傷などがあります。

このような場合は、人工の歯で失った歯を補完します。「特に気にならないから」と放置されてる方もいるかもしれませんが、なくなった歯を放置しておくことは大変なリスクがともないます。歯は、空いたスペースに移動する、という性質を持っているからです。

例えば、上の歯が抜けて、それを放っておいた場合、噛み合う下の歯は少しずつ上に向かって移動しはじめます。また、左右の歯も空いたスペースに向かって倒れはじめるのです。失った歯によって、口腔内全体のバランスが崩れはじめてしまうのです。

口腔内全体のバランスが崩れることが原因で、食べ物が噛みにくくなってしまったり、しゃべりにくくなってしまう、といった悪影響が現れてきます。
そうならないよう、歯を失った際にはしっかりと治療をおこないましょう。

歯を失ったときの3つの治療

歯を失った場合の治療方法は大きく3つあります。

  • インプラント
  • 入れ歯
  • ブリッジ

です。症状や歯の状態によっては行えない治療もありますので、検査を行い、細部まで確認したうえで、どの方法が最適か判断しご提案させていただきます。患者様のお考えなどもしっかり伺い治療をすすめていきます。

入れ歯(義歯、デンチャー)

歯を失うことによって生じた形態と機能、審美的欠陥を回復、改善させる方法の一つとして入れ歯(義歯)があります

入れ歯の構造

入れ歯には基本的に3つの部分があります。

人工歯

失った歯の代わりとなる人工の歯

床(しょう)

歯茎や粘膜と接し人工歯を支える部分

クラスプ

残っている歯に金属でできたバネをかけて義歯を固定、安定させるための装置(部分入れ歯の場合のみに使用します。金属製でないクラスプもあります)

入れ歯の種類について

入れ歯の種類としては、部分入れ歯総入れ歯があります。

部分入れ歯(部分義歯)

歯を失った部分に装着する入れ歯です。 取り外し式であり、残っている歯にバネをかけて固定します。 そのため、残っている歯の保全や入れ歯のメンテナンスを欠かさないことが大切です。

人工歯ですので、慣れるまでは多少違和感を感じることがあるかもしれません。
また、部分義歯には、バネの部分(クラスプ)の目立たない、ノンクラスプデンチャーという入れ歯もあります。

バネのある入れ歯(保険治療)

部分入れ歯は両隣の歯にバネを引っ掛けて入れ歯を安定させる仕組みのため、土台の歯に負担がかかり、健康な歯の寿命を縮めるデメリットがありますが、保険で行える治療で、費用が比較的安価というメリットがあります。また、大きな口を開けたときに金属が見えることも見た目のうえでのデメリットもあります。

バネのない入れ歯(自費治療)

金具を使っていませんので、歯に優しく、金属アレルギーの方にも最適な入れ歯です。お口を開けた時に、金具が目立ってしまうことも無く、また付け心地もバネのあるタイプに比べてフィット感があり、自然です。

磁石式入れ歯

バネの代わりに磁石の力で固定する入れ歯で、ぴったり吸着します。
歯根に「磁性金属」を取り付け、入れ歯に「小型磁石」を埋め込み、この2つで固定します。

磁石式の入れ歯は、装着・取り外しが簡単で、見た目も自然というメリットがあります。また、お手入れが簡単で
ピッタリと固定できるため、食事も楽しむことができます。

磁石式入れ歯の注意点

磁石は人体に影響はありませんが、MRIなどの検査をされる際は取り外す場合があります。

総入れ歯(総義歯)

すべての歯を失った場合に使用する、取り外し式の入れ歯を総入れ歯といいます。

特に総入れ歯は、違和感がある、喋りにくくなるなどのイメージを持つ方も多いようですが、最近の総入れ歯は大変精巧で、違和感がほとんどなく、喋りにくくなることもありません。
また、総入れ歯も口内を清潔に保つためのメンテナスをしっかり行っていくことが大切です。

プラスチックの総入れ歯(保険治療)

保険適用の範囲で作られる入れ歯は、床と呼ばれる入れ歯の土台部分がプラスチック製のものになるのが一般的です。強度を出すためにプラスチックを分厚く作り、そのために熱の伝わりが悪かったり、装着時は厚みからくる違和感があります。保険を適用となるため費用は安価にできるメリットがあります。

金属の総入れ歯(自費治療)

床と呼ばれる土台部分に金属を使った総入れ歯です。金属で出来ているので熱の伝わりがよく、装着時の違和感も軽減されます。プラスチックと比べると、食事もより楽しむことができます。保険の制約がないため、見た目(審美性)や口腔機能の重視など、色々な工夫がなされた様々な種類の入れ歯があります。

インプラント(人工歯根)

インプラント治療とは、歯を失った箇所に人工の歯根(インプラント)を埋入し、歯を補う治療方法です。従来は、歯を失った治療法としてブリッジや入れ歯が一般的でしたが、近年はインプラント治療を希望される患者様が増えています。

歯は目で見える部分の歯の部分と、それを支える歯根で成り立っていますが、「インプラント」は、歯を支えている歯根も失ってしまった状態の方に行う治療方法です。「差し歯」とどう違うのかと疑問に思われる方もいるかと思いますが、「差し歯」は歯根が残っている状態で行う治療方法です。

また、入れ歯やブリッジとの大きな違いは,顎の骨にインプラントを埋め込む「外科手術」をするという点です。そうすることで、歯根の代わりとなるインプラントは、顎の骨と強固に結合し,自分の歯のように使用できます.

ブリッジ

失った歯の周囲に天然歯がある場合,こちらの治療方法が適応できます。両隣りの天然歯を削って土台をつくり、連結させた人工歯を被せて使用します。

保険適用となるため、比較的安価に治療ができます。選択する材料によって、天然歯と変わらない美しい仕上がりも可能です。見た目が良く、使い心地の良い材料としては、メタルボンドセラミックブリッジやジルコニアセラミックブリッジなどがあります。

ブリッジの種類

金銀パラジウム合金ブリッジ

保険治療の一般的なブリッジ、いわゆる銀歯です。

ゴールドブリッジ

口腔内で安定しやすい金属のゴールドを使用、為害作用を引き起こしにくい高カラットゴールドは、インレー・クラウンからブリッジまで多目的に使用出来ます。

メタルボンドセラミックブリッジ

クラウンからブリッジまで対応できる優秀な材料です。ノンプレシャスメタル(コバルトクロム・ニッケルクロム)にセラミックを加熱・加圧成型するタイプと、プレシャスメタル・セミプレシャスメタルセラミックを直接積層するタイプがあります。

ジルコニアセラミックブリッジ(CAD/CAM)

強度の高いジルコニアを使用し、生体親和性の高いセラミックフレームをCAD/CAMにより作製します。その上にジルコニア専用の陶材を築盛した審美クラウンです。

ガルバノブリッジ(AGC)

ガルバノブリッジメッキの技術を応用した電鋳(エレクトロフォーミング)で適合精度の高いメタルフレームを作ります。純金なのでセラミックも美しく仕上がります。